TEL:0774-44-7234
ご予約の方はこちら
診療時間
9:00~12:00
14:00~20:00

一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正治療・インプラント・審美歯科 京都府宇治市伊勢田町名木 |矢野歯科医院

インプラント

  • 初めての方へ
  • スタッフBLOG
  • 歯科衛生士募集
  • 歯科衛生士募集
Mobile
HOME»  インプラント

歯を失ったままにしておくと…


骨の喪失によって、顔の輪郭が変わり、
表情が老けて見えます

  • 歯を失った部分の骨がやせていく
  • 残っている歯の位置がずれてしまう
  • かみ合わせが悪くなり、食事が楽しめなくなる
  • 言葉をうまく発音できず、会話にためらいを感じる
  • 顔の輪郭が変わってしまう
  • 自信がもてなくなる

健康な歯は、歯根を通じて噛む力をあごの骨に伝えます。
噛む力が伝わることにより、歯を支えるあごの骨が保たれる仕組みになっています。
しかし歯を失うと、噛む力があごの骨に伝わらず、歯を失った部分の骨がやせていきます。
失った歯の上の歯が伸び出たり、両隣の歯が傾くことがあります。
すると残った自分の歯に過剰な負担をかけることになります。
失った歯をきちんと回復しておくと、残っている自分の歯を守ることができます。
次に、失った歯を回復させる方法をご紹介します。

失った歯の回復(ブリッジ治療)


  •  

  •  

ブリッジ治療とは失った歯の両隣にある健康な自分の歯を土台にして、
人工歯を入れて失った歯の代わりとする治療方法です。

ブリッジ治療のメリット

2本の歯で3本分の力がかかっている

骨の喪失によって、顔の輪郭が変わり、
表情が老けて見えます

  • 違和感が少ない
  • 噛む力がある程度高い(天然歯の60%程度)

ブリッジ治療のデメリット

  • 失った歯の両隣にある自分の健康な歯を削らなければならない
  • ブリッジを支える土台となった自分の歯には、噛む力の負担が増え、残った健康な歯の寿命を縮める恐れがある
  • 土台となる健康な歯がない場合はブリッジができない
  • 噛む力があごの骨に伝わらず、歯を失った部分の骨がやせていく

失った歯の回復(入れ歯治療)

入れ歯を支えるための金具のバネを健康な自分の歯にかけて使用します。

入れ歯治療のメリット

  • ほとんどの症例で使用できる
  • メンテナンスが容易

入れ歯治療のデメリット

  • 入れ歯を支えるための金具のバネを健康な自分の歯にかけるため、自分の歯への負担が増え、歯の寿命を縮める恐れがある
  • 金具のばねをかけている自分の歯は、虫歯になりやすくなる
  • 噛む力は天然歯の約20%~30%しかない
  • 違和感が強い
  • 噛む力があごの骨に伝わらず、歯を失った部分の骨がやせていく

失った歯の回復(インプラント治療)

インプラントとは生体親和性が高い純チタン製の小さなネジです。

インプラント治療のメリット

  • 両隣の健康な歯を削る必要がなく、大切な自分の歯に影響を及ぼさない
  • 噛む力が高い(天然歯の約80%)
  • 違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる
  • ごの骨に噛む力を伝え、骨量の維持につながる

インプラント治療のデメリット

  • 治療期間が長い
  • 保険が適応されない
  • 骨の量などで出来ないことがある
  • 手術が必要

それぞれの治療方法にメリット・デメリットが存在しますが、インプラント治療は残った歯やあごの骨を守ることができ、自分の歯と同じように噛むことができる、優れた治療方法であると言えます。ただし、症例によってはインプラント治療が必ずしも最良の治療方法ではない場合もあります。他の治療方法との比較の上、患者さま一人一人の状態に最良の治療方法をご提案させていただきます。
次にインプラント治療の流れをご説明します。

価格

インプラント計画用ステント2万円(税別)
インプラント(上部構造含む)35万円(税別)

インプラントの安全性を重要視

インプラントは、まるで自分の歯を取り戻せたような感動があります。しかし、多くの方が不安に思うものが安全性についてです。当院は、安心・安全を最も重視します。

1.再診CTレントゲンの完備

正確な診断こそが安全性を確保します。CTなしでのインプラントは考えられません。

2.ガイドシステムで安心・安全な治療

正確な診断こそが安全性を確保します。CTなしでのインプラントは考えられません。

3.世界No.1の信頼性のインプラント

世界で最もシェアが多く、高い生存率・西欧率を誇るストローマンインプラントを使用。

インプラント治療の流れ

1. 診察と治療計画

患者さんの全身状態の問診と、口腔内の状態と診査を行います。
あごの骨の量と質を調べるため、レントゲンやCT撮影を行います。

2. インプラントの埋入と治癒

局部麻酔をかけて、インプラント手術を行います。
通院での治療が可能です。

3. インプラントと骨の結合

インプラントと骨が結合するまで6週間から3ヶ月位期間をおきます。
結合期間はインプラントの種類、患者さんの骨の健康状態や体調によって異なります。

4. 人工歯の装着

自分の歯の形と色に合わせた人工歯を作り、インプラントの上に取り付けます。

5. アフターケア

自分の歯と同じようにお手入れをしてください。
歯科医師による定期的なチェックを受けてください。

インプラント治療よくある質問(FAQ)

インプラントの手術に痛みはありますか?
当院では手術中できるだけ痛みがないよう、局部麻酔をします。広い範囲に数多くのインプラントを入れる場合や特殊な手術の場合に、痛みを軽減する様々な療法を行うこともあります。詳しくはご相談ください
インプラントの治療費はどのくらいかかりますか?
インプラントは、健康保険が適用されません。治療計画によって高額になることがあります。しかし、インプラントのメンテナンスをきちんと行えば、長期にわたって機能と見栄えを保つことが可能であり、豊かなライフスタイルが実現します。
インプラントをしていることは他人に気づかれますか?
いいえ。インプラントの人工歯は、天然の歯の形、大きさ、色に合わせて作られています。

  • 治療前

  • 治療後
インプラントは何でできていますか?
当院で使用するインプラントは純チタンでできています。これは、生体組織に適合しやすく、信頼性の高い材質です。
インプラントはどのくらいもちますか?
当院では綿密な治療計画と適切なメンテナンスを行うことにより、長い期間にわたって、機能させることが可能です。しかし、インプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると、天然歯と同様に、歯周病のような状態になります。インプラントを長持ちさせるためには、毎日丁寧に歯磨きし、必ず定期検診を受けてください。
治療全体ではどのくらいの時間がかかりますか?
治療期間は患者さんの状態と治療計画によって異なります。通常3~6ヶ月かかります。詳細はご相談ください。
インプラントは何本くらい入れればいいのですか?
抜けた歯1本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。あごの骨の質と量によっては入れることができない場合もあります。
インプラントは何本くらい入れればいいのですか?
抜けた歯1本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。あごの骨の質と量によっては入れることができない場合もあります。
インプラントの治療を受けるための年齢制限はありますか?
インプラント治療は、骨の成長が終わってから行われます。通常、骨の成長は18~20歳ごろに完了しますが、個人差があります。なお、インプラント治療を受ける年齢の上限はありません。
糖尿病などの慢性疾患があってもインプラント治療を受けられますか?
糖尿病などの慢性疾患がある方は、医師の指導のものに十分にコントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント治療ができない場合があります。
歯周病があってもインプラント治療を受けられますか?
歯周病があると口腔内の衛生状態がよくない場合があり、インプラントを埋め込むことはできません。インプラント治療を受ける前に、歯周病の治療をする必要があります。
インプラントの治療は医療費控除が受けられますか?
医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。インプラント治療にかかった費用も医療費控除の対象になります。
詳しくはお問い合わせください。
Page Top
女性が働きやすい職場を目指して。笑顔で歯科衛生士として活躍してみませんか?
実績 地域の方に愛され約40年 最新の治療設備と日々の研鑽をもとに理想的治療の提供に努めています。