TEL:0774-44-7234
ご予約の方はこちら
診療時間
9:00~12:00
14:00~20:00

一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正治療・インプラント・審美歯科 京都府宇治市伊勢田町名木 |矢野歯科医院

インビザライン

  • 初めての方へ
  • スタッフBLOG
  • 歯科衛生士募集
  • 歯科衛生士募集
Mobile
HOME»  インビザライン

見えない矯正装置-インビザラインとは?

インビザラインとは、アメリカのアラインテクノロジー社が開発した透明のマウスピース型の矯正装置のことです。世界で200万人近くの患者さんが実際にインビザラインを使って矯正治療を行っています。
透明なため、周りの人に矯正治療を気付かれにくいという特徴もあり、人気となっています。
マウスピース型のため、食事の時や歯磨きの時には装置を外すことも可能ですので、気にせずに食事もしていただけますし、歯磨きも通常の矯正治療に比べて行いやすいという特徴があります。

一人一人にあわせカスタムメードされたマウスピース(アライナーといいます)を使用し、2週間に1度、そのマウスピースを交換して行くことで、歯を徐々に動かしていくという治療になります。

インビザラインでの矯正治療では、ワイヤーを使用しないため、矯正装置をつけているのがほとんどわかりません。また、ご自宅で矯正治療を進めることができるため、通院の間隔も一般的な矯正治療に比べて長くなっています。

注意点としては

  • 患者様の歯列の状況によってはインビザラインでの治療ができない場合もあります。
  • マウスピースでの歯の移動を補助するために、補助装置が必要となる事もあります。

見えない矯正治療、目立たない矯正器具を、ご希望される方にはおすすめの治療方法になります。

気になる方は動画をご覧ください!

インビザラインのメリット

  • 透明のマウスピースを使うため、矯正装置を装着していても目立たない。
  • 食事中は矯正装置を取り外すことができるため、外して自由に食事ができる。
  • 矯正装置を取り外して、歯磨きできるためお口の中を清潔に保ちやすい。
  • ワイヤーや留め具を使用しないため、お口の中を傷つけない。
  • 最新技術による3Dシミュレーションを使い、これからの歯の移動や矯正治療計画をが把握できる。
  • アライナーを利用して矯正治療と並行してホワイトニングができる。

米国のアンケート調査結果によれば、インビザラインによる治療を受けた患者の87%がインビザラインによる治療結果に「非常に」、もしくは「極めて」満足しているとの結果が出ています。 (米国大手マーケティング調査会社が2004年4月に225名を対象に実施)

価格

85万円(税別)

インビザラインのQ&A

インビザラインをつけたまま飲食はできますか?
お水やお茶のみでお願いしています。また、熱いものも避けていただいています。
マウスピースを装着しているときは、基本的に熱くない飲料は問題ありません。ただし、着色しやすいコーヒー、紅茶、赤ワインなどは控えるようにして頂くようお伝えしておりますが、約2週間で新しいマウスピースに変えるため、特に気にならない方は問題ありません。
ただし、食事のときは必ず取り外していただき、装着前には歯を磨いて頂きます。
他にもマウスピース矯正があると聞きましたが、何が違うのですか?
マウスピースの造型方法、シミュレーション、正確性が異なります。
インビザラインは人の手で造型するのではなく、「光」を使って作成します。そのため、とても正確につくることができます。インビザライン以外の多くのマウスピース矯正は、毎回型取りをし、人工でマウスピースを作成します。
そうした理由から医院への来院回数も増えてしまいます。
インビザラインはある程度安定してきた場合には、4~5個のアライナーを一回の来院でお渡しすることも可能になります。そうなると来院いただくのは約3ヶ月に1回。
そして、矯正開始前にシミュレーションにより、終了時の歯列を目で確認することができます。
インビザラインによる矯正期間はどの程度かかるものなのでしょうか?
6ヶ月~2年半かかります。
治療期間につきましては、個人によります。
短い場合で6~12ヶ月、長い場合で、2年から2年半ほど(中には3年以上の方もいます)かかります。
詳しい治療期間は、検査、診断を行いご説明させていただきます。
インビザラインは1日にどのくらい装着していればいいのでしょうか?
就寝時を含めて、1日20時間が目安となります

インビザラインができるまで

インビザラインを使った矯正治療は、最初の治療計画に基づき少しずつ変化させていくマウスピースで歯を徐々に移動させていきます。
ご自身のマウスピースを製作するために「クリンチェック」呼ばれる独自のシミュレーションソフトを使用します。
最初に取る型を元にデジタル3Dで歯列を再現し、それをもとにアライナーが自動的に製造されます。

Step1. 歯列、咬み合わせの型どり

歯型をとり、咬み合わせを記録します。

Step2. 患者様ごとに治療計画書の作成

診査・診断の結果と治療計画、顔面・口腔内写真をアラインテクノロジー社に送付します。患者様一人ひとりの治療計画書を作成。
患者様ごとに治療計画書を作成することで、より実現性の高い治療プログラムを提供できます。

Step3. 3Dデジタル歯型と治療シュミレーション

アラインテクノロジー社で、型取りした歯型から光を使用した造形技術を利用し、デジタル3Dの歯並びを作成します。それをもとに、アラインテクノロジー社の専門チームが治療シミュレーションの「クリンチェック」を作成します。
最終的な歯列矯正だけでなく、咬み合わせ、治療途中の歯の動きをなど、コンピュータ画面上で、患者様の現状、治療終了後、治療途中の経過について、すべての段階において色々な角度からプログラムします。

Step4. 治療シミュレーションの精査

当院の担当医がクリンチェックを確認し、治療中の歯の動きなどをチェックし、実現性の低い動きがある場合は修正指示を出します。
修正指示のやり取りを行ったのち、実現性が高い治療シミュレーションができた段階で患者様から同意が得られればアライナーの作製に入ります。

Step5. 患者様専用のアライナーの作製

クリンチェックの内容を具現化した歯の模型を作製します。
治療開始時点から治療終了までの透明なマウスピース型矯正装置が作製されます。

(動画の2:58頃からアライナーの作製です。)

Step6. お口の中に装着、治療スタート

患者様が無事に装着されましたら、治療スタートです。
定期的に来院いただき、治療経過を確認しながら、当初のシミュレーションと比較し、チェックを行います。
当初予定と異なる動きをしている場合、補助装置などの装置を必要とする場合があります。

Page Top