TEL:0774-44-7234
ご予約の方はこちら
診療時間
9:00~12:00
14:00~20:00

一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正治療・インプラント・審美歯科 京都府宇治市伊勢田町名木 |矢野歯科医院

痛みを少なく

  • 初めての方へ
  • スタッフBLOG
  • 歯科衛生士募集
  • 歯科衛生士募集
Mobile
HOME»  痛みを少なく

痛みを少なく

ご希望に合わせて、麻酔をさせていただき、痛みを少なく治療を受けていただけるように努めています。
「でも、麻酔が痛い」
そんな方にも安心して、治療を受けていただけるように当院ではこのような取り組みをしています。

①表面麻酔
刺入点を麻痺させることで最初の「チクッ」をなくすようにしています。
②カートリッジウォーマー
体温と同じくらいに麻酔薬を温めておいて麻酔液をいれるので、温度差による痛みが少なくなります。
③電動注射器
麻酔薬を入れていく時に、ゆっくり入れていくことで痛みを軽減できます。必要に応じて使用させていただいています。

カートリッジウォーマー

麻酔液の温度と体温に差があると、注射時の痛みは強くなるため、 当院では専用の機器で麻酔液を体温に近い「37℃」に温めてから、使用しています。

歯科専用の電動麻酔器でゆっくり麻酔液を入れます

電動注射器

「歯医者さんで麻酔するときに痛かった」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
実は、痛みには理由があります。一般的な注射器を使って麻酔をすると、一定の量が注入されず、急な圧力がかかってしまうと、その圧力で痛みを感じてしまうのです。
中には体調を崩される患者様もいらっしゃいます。

当院では、コンピュータで自動制御が可能な歯科専用の電動麻酔器を使っているため、
痛みを感じにくいスピードで麻酔液を注入しており、手動で麻酔を行うよりも感じる痛みが少ないと思います。
もちろん手で注入するタイプの注射も使えますが、患者様には極力安心して治療していただきたいため、電動の麻酔器を導入しております。

麻酔が効いているか確認してから治療を始めます


麻酔液を注入しても、すぐに治療を開始してしまいますと、
麻酔が効いていない状態で治療を始めることになる可能性があります。

せっかく、痛みを軽減するために麻酔をしても、一度痛いと感じてしまったら、
人は痛みに対して敏感になってしまうため、
患者様が治療に対して辛い思いをしてしまいます。 当院では、麻酔が聞くまでの時間を確保し、
麻酔が効いていることを確認してから治療に入ります。

痛みの感じ方は人によって様々です。
無痛治療にも、実はいくつかの方法があります。

当院では、患者様や治療内容によって、可能な限り痛くない治療を心がけております。
また、患者様とはしっかりとコミュニケーションをとったうえで、安心して治療を受けていただきたいと思っています。 無痛治療と呼んでおりますが、他の体の部位同様に、歯にも神経(歯髄)が存在します。

そのため、完全に痛みを取り除く、ということは言い切れないのも事実です。特に前歯や舌側の歯茎はとても敏感なので、若干痛みが出ることがあります。

しかし、無痛治療では、そうでない治療に比べ、大きく違うかと思います。
なにより、「歯医者の治療は痛い!」というイメージが軽減するのではないでしょうか。

痛みの少ないレーザー治療器

最新のレーザー治療器でEr・YAGレーザーという治療器で、特徴は歯科で使われているレーザーの中で唯一、歯を削ることが認可されたレーザーであり、発熱が微小なため、痛みが非常に少ない事です。治療箇所以外の組織への影響もほとんどなく、生体組織に含まれた水分を蒸散して削除していくことができるため、小さなむし歯や、歯周病治療に優れた効果を発揮します。

 

痛みの少ない治療

多くのレーザー波長の中で、歯科医療にEr:YAGレーザーが最もふさわしいと言われる理由は、水への高い吸収性にあります。Er:YAGレーザーは、水を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、表層にのみ反応が起こり、熱の発生が微小なため、痛みが非常に少ないという特徴があります。

 

身体組織に負担の少ない治療

Er:YAGレーザーは、蒸散という反応が照射部の表層に限定されて行われるため、CO2Laser、Nd:YAGLaserに比べ、透過光による組織深部への影響が少なくてすみます。またエナメル質にクラックが起こりにくく、照射野周囲の照射エネルギー密度が低いため、周囲組織への影響がほとんど有りません。

 

Page Top
女性が働きやすい職場を目指して。笑顔で歯科衛生士として活躍してみませんか?
実績 地域の方に愛され約40年 最新の治療設備と日々の研鑽をもとに理想的治療の提供に努めています。