TEL:0774-44-7234
ご予約の方はこちら
診療時間
9:00~12:00
14:00~20:00

一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正治療・インプラント・審美歯科 京都府宇治市伊勢田町名木 |矢野歯科医院

スタッフブログ

  • 初めての方へ
  • スタッフBLOG
  • 歯科衛生士募集
  • 歯科衛生士募集
Mobile
HOME»  スタッフブログ

スタッフブログ

  • 件 (全件)
  • 1

【歯科医師募集】2018年リニューアルオープン【京都府宇治市】

向上心の高い院長のもとで成長できる環境があります

院長自身が継承して数年。
現在も日々、技術の研鑽を行っております。
一緒に学び、一緒に成長することが出来る環境があります!

また、矯正専門の歯科医師にも来院してもらっているため、
矯正治療の勉強も可能です。

2018年12月リニューアルオープン


2018年現在の医院の隣にリニューアルオープンします!
ありがたいことに地域の多くの患者様に来院いただき、ご予約が取りにくい状況が続いていたため、
このたび心機一転、医院をリニューアルするに至りました。

ぜひ、新たな、第二創業を一緒に創めませんか?

 

【募集要項】

募集科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科

仕事内容

  • 歯科診療全般
  • 基本的に歯科医師1名に対して歯科助手1名がサポートに入り、1日1~1.5台のユニットで落ち着いた診療を行えます。
  • 基本的に一人の患者さんに30分のアポイントをとり、丁寧な診療を行って頂きます。

応募条件

  • 新卒、未経験者可能
  • 管理者経験不要

雇用形態

  • 常勤歯科医師、非常勤歯科医師
  • 非常勤の条件:基本的には2~3日の出勤をお願いしていますが、ご経験に応じて相談させて頂きます。
    まずは一度ご連絡をお待ちしております。

給与

  • 月給制
  • 時給制
歩合制については、勤務後双方の合意で行う予定です。

まずはお問い合わせ、見学お待ちしております!

2018-11-21 19:51:55

コメント(0)

美味しく食べていただくために~管理栄養士からのメッセージ~

はじめまして!京都の宇治市伊勢田町にある矢野歯科医院 管理栄養士の青木美優です
 
歯医者さんなのにどうして管理栄養士?と思われるかもしれませんが、体に入る食べ物の入り口はお口です!
その入り口であるお口を健康に保つことが美味しく、楽しく食事をする為には必要だと思いませんか?
しっかりと噛むことが出来るからこそ健康でいられると考え、管理栄養士として少しでも患者様のお役に立つことが出来ればと思っています!
 
今日はまず、皆さまに噛むことが健康にどのような働きをしているのかを知っていただくために、
『噛ミング30(かみんぐさんまる)運動』というものを紹介しようと思います。
 
昔と比べて柔らかい食べ物が多くなり、忙しさから食事の時間も限られてしまう現代人。しかし、噛むことには様々な健康のための大切な働きがあります。
大昔、卑弥呼がいた時代には一食あたり3000回以上もの回数を噛んでいたそうですが、
皆さんは一回の食事で何回ほど噛んでいるのか数えたことはありますか?
 
なんと現代の平均は620回だそうです。
 
では、ひとくちあたり何回噛んでいると思いますか?
ひとくちで噛む回数は30回がよいと言う研究結果があります。
そのため、ひとくちで30回以上噛むことを目標   として、厚生労働省が推進し ている運動です!
 
さて先程、噛むことには様々な働きがあると述べましたが、皆さんはこの働きがどんなものかご存知でしょうか?
 
噛むことには8つの大切な働きがあるんです!
キーワードは
                
《ひみこのはがいーぜ》です!!
 
肥満防止
よく噛んで食べると、脳にある満腹中枢が刺激され、食べすぎを防ぎます。
味覚の発達
よく噛んで味わうことで食べ物の味がよくわかります。
言葉の発音はっきりと
よく噛むことで口周りの筋肉がしっかりと使われ、表情筋や顎の筋肉が鍛えられるので発音がはっきりとした言葉が話せるようになります。
脳の発達
よく噛む運動は脳細胞の働きを活発にします。子供の知育を助け、高齢者は認知症の予防に役立ちます。
歯の病気を防ぐ
よく噛むとだ液がたくさん出て、口の中をきれいにします。このだ液の働きが、むし歯や歯周病を防ぎます。
ガンの予防
唾液中には発ガン物質の作用を消す働きがあります。よく噛んで唾液を出しましょう。
胃腸の働きを促進
よく噛むことで消化酵素がたくさん出て消化を助けてくれます。
全身の体力向上と全力投球
力を入れて噛みしめるとき、歯をくいしばることで力がわきます
 
柔らかく、脂肪の多いファストフードや欧米化した食事は噛む回数を減らすだけでなく、太りやすく、バランスの悪い食習慣を作りやすいです。
こういった物が多い現代こそ、よく噛んで食べることが健康にとって大事なことですよね!
日常生活で取り組むことができる健康への習慣として、ぜひ皆さんも、ひとくちで30回以上噛むように心がけてみて下さい!!
 
 
 

2018-10-11 12:46:55

コメント(0)

むし歯、歯周病と唾液の関係

こんにちは
宇治市伊勢田町の歯医者さん 矢野歯科医院
院長の矢野です。 

 

今日はお口とは切っても切り離せない唾液の役割についてご紹介します。

まずは唾液の役割を少しまとめてみます。

主に、

○歯の再石灰化作用により虫歯を防ぐ

○お口の中の汚れを洗い流してくれる自浄作用

○細菌の繁殖を抑えてくれる

○酸を中和して口腔内を中性に保つ

○食べたものの消化を助ける

○味を感じやすくしてくれる

など、皆が「つば」と呼ぶ唾液には、様々な働きがあります。

 

では、唾液はいったいどこから出ているのでしょうか?
それは
『耳下腺』
『顎下腺』
『舌下腺』
という3つの大きな唾液腺から分泌されています。

では、皆さんは1日にどのくらいの量の唾液が分泌されるかご存知でしょうか?

 

 

 

 

実は、1日に1000ml~1500mlほどの量が分泌されるといいます。

身の回りのものだと、だいたい大き目のペットボトル1本分くらいですね!

先ほどお伝えしたように、
唾液には口の中の健康を守る役割がたくさんあります。

しかし、唾液の分泌量は加齢やストレス、薬の副作用などによって減少するのです。

皆さまも聞いたことがあるかもしれませんが、「ドライマウス」などはその例です。
唾液の分泌量が減ってしまうと、お口の中が乾燥してしまい、
虫歯菌や歯周病菌といった悪性の細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

そうなってしまうと、虫歯になり歯に穴が空いてしまうリスクや、
歯周病が進行してしまうリスクが格段に上がってしまいます。


また、就寝中の交感神経と副交感神経の働きの関係でも唾液の分泌量が少なくなることがわかっています。
そのため、就寝前の歯磨きは特に念入りに行っていただき、歯垢や細菌をしっかり除去することが大切なんですね。

そこで殺菌性の高い洗口剤などを一緒に使うこともおススメです!

当院では、受付にて「ConCool」という緑色の洗口剤も販売しております。
歯磨き後に数滴水に垂らしてうがいをするだけで、翌朝のお口の粘着きもかなり抑えられますよ!



ほかにも唾液の分泌量を促すためには、
唾液腺のマッサージをしたり、舌を意識的に動かしたり、『あいうべ体操』なんかもおすすめです!

2018-09-26 17:52:07

コメント(0)

歯周病について

こんにちは
宇治市伊勢田町の歯医者さん 矢野歯科医院
院長の矢野です。

前回のブログの更新から少し期間があいてしまいました。
その分しっかりとした内容でお届けしますので、ぜひともお読みいただけると幸いです。

さっそくですが、

『生活習慣病』といわれてあなたはどんな病気を連想しますか?
高血圧症、糖尿病、高脂血症・・・さまざまな病気がありますよね。

実は「虫歯」や「歯周病」も生活習慣病なのです!
例えば人間ドッグや健康診断で

高血圧症や糖尿病にかかっている、
もしくはその予備軍であると言われたら・・・
塩分や糖分の摂り過ぎなどを見直して食生活を改善しようとしたり、
ウォーキングを始めてみたり、
という人は多いですよね!

一方、虫歯や歯周病は…?
虫歯や歯周病も細菌感染症であると同時に「生活習慣病」です。
ですがそれを知っている(認識している)人は
今どれくらいいるでしょう?
そして他の生活習慣病と同じように
虫歯も歯周病も予防できる病気であるということを
どれくらいの人たちが知っているでしょうか。正しい知識が知られていないことにいまだに多くの人が虫歯や歯周病に『なって当たり前』と思っていないでしょうか。

まずは歯周病についてお話します。
皆さんはどのうな理由で歯医者に来院されますか?

『詰め物が取れた』『歯がしみる』『口臭が気になる』
などさまざまな理由があると思います。

ただ1番多いのは『歯が痛い』という理由が1番多いのです。
しかし、歯周病は痛くははありません。そして虫歯と違って歯そのものの病気ではありません。
今は日本人の約7割の成人が歯周病であるとも言われています。


歯周病は歯を支えている歯茎の骨が溶ける病気なのですが、骨が溶けはじめても痛くも痒くもないのです!
自覚症状として歯茎が腫れたり、歯がグラグラしてくるとその時にはもう重症化している場合が多いです。
最初は歯茎の出血や腫れという症状から始まり、骨が溶け始めます。骨が溶けてしまうと、溶けた骨は基本的に元に戻りません。
「歯磨きの時強く磨きすぎたらそりゃあ血も出るでしょ」くらいに思っている人が少なくありません。
しかし、歯茎も皮膚です。例えば手の甲の健康的な肌を歯ブラシでこすった時に血が出ますか?それくらいで血が出たらびっくりしますよね。その時の歯茎はそうゆう状態なのです、、、

歯周病の早期発見のために歯科医院での定期的なチェックのほか自分でも日頃から歯と歯茎のチェックをすることが大切です。下のセルフチェックを参考に歯茎の色々さや出血腫れなど歯周病のサインを確認してみて下さい(^^)



☑歯を磨くと歯ブラシに血がつく
☑歯茎が晴れている
☑冷たい物を飲むと歯や歯茎がしみて痛い
☑口臭が気になる
☑歯がグラグラする、噛みずらい
☑歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
☑歯が以前より長くなった気がする
☑朝起きた時に口の中に粘りがある
☑歯茎を押すと膿が出る
☑歯茎の回りにプラーク(歯垢)や歯石が付いている


以上の項目で1つでも当てはまったら歯周病かもしれません。

歯周病の主な原因となるのは、

★プラーク(歯垢)

★歯石


です。これらに含まれる『歯周病菌』によって引き起こされます。
(ちなみに間違える人が多いのですが、プラークとは食べカスのことではありません。)
プラークとは歯の表面に付着しているヌルヌルしたもので、時間が経つことで歯石に変化します。
また、歯周病の主な原因は確かにプラークや歯石ですが、日常生活の中にも要因は潜んでいます。
例えば、喫煙や睡眠不足によって歯周病を招くこともありますし、
歯周病は唾液を介して人にうつるため、よくあるのが赤ちゃんの食器の共同、あとは恋人とのキスによって歯周病菌が感染してしまうこともあるのです。

歯周病はお口の中の病気のひとつではありますが、身体の中の様々な状態とも関連しているため、身体へも影響を及ぼす・・・ということがわかってきました。

★糖尿病
歯周病は糖尿病の要因になることも最近ではわかってきました。
治療せずに放置していると、糖尿病患者はインスリンの効きが悪くなって糖尿病が悪化し、歯周病もさらにひどくなる可能性もあります。逆に血糖値の管理をし、歯周病の治療をした患者の場合、歯の状態はだんだん良くなり、血糖コントロールが改善する実例も報告されています。

★心筋梗塞、脳梗塞
歯周病菌が歯茎の血管内に入って身体を駆け巡り心臓や脳梗塞のような血管の病気を引き起こすことがあります

★早期低体重児出産
妊娠中の女性で歯周病の人は、そうでない人に比べて低体重児出産や早産する確率が高いことが報告されています。
妊娠中の女性は、つわりによって口腔清掃が不良になりやすいため、歯周病に罹りやすくなります。歯周病による炎症性物質がへその緒を通じて胎児に影響するため、早期低体重児出産の確率が高まると考えられています。

★誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
肺や気管は、咳など身体が生理的に反応することによって守られています。しかし、生理的機能が衰えると、自らの唾液や食べ物が誤って肺に入り、肺炎を起こしてしまいます。これを誤嚥性肺炎といい、唾液中に含まれる細菌が主な原因です。
歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢、認知症、脳血管障害、手術後など、食物の飲み込みを上手く行えない人は、特に注意が必要です。

★骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
骨粗鬆症は、長年の生活習慣などにより、骨が弱くなる病気です。
全身的に骨が弱くなると、歯を支える歯周組織にも影響があると考えられています。一方で、歯周病は、歯を支えるハグキを破壊する病気です。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなるため、骨粗鬆症は歯周病を進行させる一因と考えられています。


歯周病を予防するために大切なことはまず第1に毎日の歯磨きです!歯磨きといってもただ磨くだけではなく、プラークをしっかり除去することが大切です!
ちなみに、プラークは時間が経つと歯石に変化してしまい、歯石になるとブラッシングでは除去できません。
歯石を除去するには歯科医院で口内をクリーニングする必要があります。

第2には定期的な歯科医院での検診。早期発見、早期治療のためにです!
そもそも自覚症状がない歯周病に対しては歯科医院で定期検診を受けるのが予防として効果的です。
また、歯科医院に行けば正しい歯磨きの方法を指導してもらうこともできます。
定期的な歯科検診は継続することが大切ですので、自分が通いやすい歯科医院が1番かと思います(^^)
 

2018-09-04 17:19:14

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます
 
2016年もあっという間に終わってしまいましたね。
皆さまお元気にされていますでしょうか?
 
宇治市の歯医者さん 矢野歯科医院の院長です。
 
さて年も明け、早くも2週間が経ちました。
今日は、宇治・城陽・久御山の地域の歯科医師が加盟している
宇治久世歯科医師会のお仕事で休日診療に来ています。
 
昨日から雪が降り、朝には積もっていましたね!
年に一度か、二度しかないことが自分の休日診療の日に当たるとは驚きです。
スタッドレスタイヤはいておけばよかったと反省です。
 
 
さて今日は抜歯の判断基準についてお話ししたいと思います。
当院では、極力ご自分の歯を残し食べていただけるお口の環境を目指して
日々診療を行わせていただいております。
しかし、残念ながらどうしても抜かなければいけない場合も時としてあります。
それはどんな時かというお話です。
 

  1. 根っこが深い位置で折れてしまっている場合
  2. 根っこの治療をしても、根っこの先の感染が収まらない場合
  3. 歯周病が進行し歯を支える骨が残っていない場合
  4. 歯性感染症(骨膜炎や上顎洞炎など)になった原因の歯
  5. 治療が困難な歯(例えば親知らずなどで器具や、治療に使う材料が使えない場合)
 
などです。
この場合どうしても抜かないといけない場合があります。
ではどうして抜かないといけないのか?
理由の説明を後日させていただきます。
 
しかし、そうならないためには定期的なクリーニングとご自身での歯磨き(セルフケア)が大切です。ぜひクリーニングにも
 

2017-01-15 16:37:55

コメント(0)

12月になりました! 歯磨きの話


最近とても寒くなってきました。
急激な気温の変化などで体調は崩されていないでしょうか?
 
宇治市伊勢田町の歯医者さん 矢野歯科医院
院長の矢野隆嗣です。
 
最近はインフルエンザなどが流行し始めているらしく、流行が心配です。
当院ではグローブを患者様ごとに変える・マスクを徹底するなどで対応させていただいております。
また患者様にもご利用いただけるように刷り込み式のアルコール消毒薬を待合に置かせていただいております。
 
さて、冬になり気温もしっかりと下がってきたところでみなさん忘年会などの飲み会が増えて来ているのではないでしょうか?
飲み会が増えると酔ったまま眠ってしまったりお口の環境が悪化しやすい時期でもあります。
この機会にお時間を取っていただき、クリーニングに起こしいただきさっぱりとした状態で年越しを迎えていただきたいと思います。
 
歯磨きのことを、僕たち歯科医療関係者はブラッシングと言います。
「いつ歯磨きをしたらいいですか?」
このような質問をよく受けます。
これには大きく分けて2つの考え方があります。
1つ目は昔から言われている「食後5分以内に磨いてください。
2つ目は最近よく言われるようになった「食後30分してから磨いてください

                        歯ブラシ
 
1つ目の理由としては食後5分すると口の中が酸性に大きく傾くため、それまでに磨きましょうという考え方です。
2つ目の理由としては食後5分以内に磨くのは不可能に近いので、酸性に傾いたあと唾液の緩衝作用でお口の中が中性になった状態で汚れ(プラーク)を取りましょうという考え方です。
 
どちらにもしっかりとした理由がありますので、どちらか可能な方を実践されるのが良いと思います。
いずれにしろ磨き残しを作らないことが大切です。
当院では基本的に歯茎の検査をさせていただくときに必ず汚れを染め出させて頂き、汚れている部位を一緒に確認していただいて
しっかりと汚れ(プラーク)が落とせるように一緒に歯磨きの練習をしていただくようにしています。
プラークとは細菌の塊です。この最近が虫歯を作ったり、歯周病で歯を支えている骨を溶かしてしまったりします。
プラークをしっかりと取りきることが、歯を健康な状態に保ち、ひいては豊かな人生を送っていただく秘訣になります!

また当て方さえマスターしていただければ電動ブラシもおすすめです。
一度ご使用を考えていただいてもよいかもしれません。
         ソニックケア
 
年末が差し迫ると痛みを感じた患者様の来院が増えてくる時期です。
ぜひ込み合う前にクリーニングにお越しください。
 

2016-12-03 10:55:03

コメント(0)

寒くなってきました!

10月中旬からいきなり寒くなってきましたね。
皆さま、お風邪をひかれたり体調を崩されたりしていませんか?

 
宇治市伊勢田町の歯科医院
矢野歯科医院 院長の矢野隆嗣です。

 
先月からスタッフとお昼ご飯に出たりしています。
女性はスイーツが好きですね!僕は食後のデザートは食べきれないことが多いです。
 
名木には素晴らしい料理屋さんがたくさんあります。
その中でもうどん屋さんいちはた」さんは人気があり
お昼でもすごい行列になっていて、なかなかいけないのが残念ですが
たまに頂くとすごく癒されます。
だしの効いたおうどんを頂いてお昼からも頑張れます!
 
 
さて、皆さんお口の状態はいかがでしょうか?
年末もすぐそこに見えてきています。
新年はお口の中もきれいな状態で迎えたいと思われる方は多いかと思います。
年末はご予約も込み合うことが多いので、できれば早めにご来院いただき
すっきり綺麗なお口もとで年越しをしてみませんか?
 
当院では磨き方のお話しも沢山させていただきますが
使いやすく効果の高い歯磨き粉「ConCool ジェルコートF」も

お勧めさせていただいています。
この製品は歯周病原菌の予防に効果が高いとされています。
30歳を超えると歯周病で歯を失うリスクが上がってきますので
一度お使いいただくのもよいかと思います。


 
またお子様には「CheckUpジェル」をお勧めしています。

こちらは歯磨きを終えられた後に歯に塗っていただき寝ていただく製品になります。
フッ素を配合し、なおかつ研磨剤などを配合しないためそのまま寝ていただくことができます。
お口の中はお好きな味で眠っていただけるので好評です。
 
ご予約お問い合わせはこちらから

矢野歯科医院
京都府宇治市伊勢田町名木3-1-4
0774-44-7234
 

2016-11-08 13:59:15

コメント(0)

お口のメンテナンス

こんにちは
宇治市伊勢田町の歯医者さん 矢野歯科医院
院長の矢野です。

早いもので9月も半ばに差し掛かり
今年も残すところあと3か月ほどになってきましたね。


熱い夏なら過ごしやすい秋に変わってきて
急な気温差で体調を崩されたりしていませんか?


体調を崩すと、口内炎ができやすかったりします。
口内炎の主な原因は、体力や、免疫力の低下ビタミンの不足です。

一番のお薬は、規則正しいバランスの取れた食生活と、十分な睡眠です!
ビタミン不足に対しては、粘膜の代謝を助けてくれるビタミンB2,B6
抗酸化作用で免疫力を助けてくれるビタミンCなどを摂取するとよいですね。

またお口の中を清潔に保つことで、口内炎ができにくく治りやすい環境を作ってあげることも大切です。
そのためにはしっかりとしたブラッシングと、適度なマウスウォッシュが大切です。


またお口の中の菌が体の中で悪さをすることがしばしばあります。
例えばご高齢の方に見られる誤嚥性肺炎などがそれです。

普段意識したことはないと思うのですが、お口の中には大量の細菌がおり
その中には肺炎を起こす肺炎球菌というものもいます。
これが誤って気管を経由して、肺に侵入してしまうと肺炎を起こす可能性があります。
寝たきりの方や、認知症の方には適切な口腔ケアが必要になりますね。


なんと日本の死亡原因の第3位は肺炎なのです!

お口の中を清潔に保つことで、肺炎を予防していこうという取り組みが昨今増えてきております。

ぜひお口の中のメンテナンスを受けてみてくださいね。

2016-09-13 20:10:35

コメント(0)

初めまして矢野歯科医院です!

初めまして!
院長の矢野隆嗣です。

当院は宇治市の伊勢田町名木という住宅地に先代である父が約40年前に開業いたしました。

それ以来地域医療に貢献できるよう心掛けて診療を行い、地域の患者様に愛され医院を続けてまいりました。


現在は、現院長に世代交代をしましたが「患者様に喜んでいただけるような医療」という信念は変えずに
日々診療にあたらせていただいております。


このたび医院ホームページをリニューアルさせていただき、よりわかり易く、より新しい情報を発信していけるように
努めてまいりますので、お時間があるときに見ていただければと思います。


今年の夏は暑さも厳しく、患者様の中にも体調を崩される方がおられました。
8月もそろそろ終わりを迎え、これから少しずつ秋も近づき暑さも一段落ついてくるかと思います。
過ごしやすくなり、おいしい食べ物も増えてくる季節ですね!

栗・さんま・梨・銀杏・ぶどうなど
思わず涎が出てきそうです(^-^)

涎といえば歯科では「唾液」と言います。
実は唾液にはすごい働きが沢山あります!

1.温度差を緩和してくれる
    熱いものや冷たいものなど体温に近くしてくれます
2.舌の動きや口の動きをよくしてくれる
    緊張した時などうまく話せなかったり、ぱさぱさした食べ物は飲み込みにくかったりすると思います。
    唾液量が多く出ているときはこれらを助けてくれます。
3.虫歯菌が出す酸を薄めて、溶かされた歯の再石灰化を助けます
    虫歯菌は酸を出します。これを薄めてくれる役割があります。
    また、初期脱灰と言われる状態の歯の再石灰化を助けてくれる役割があります。
4.口から入ってくる菌を排除してくれる
    風邪などは細菌によって起こります。
    これらの細菌が体内に侵入してくるのを唾液内の抗菌物質(リゾチームなど)が阻害してくれます。


以上のように唾液はいろいろな役割で私たちを助けてくれる優れモノなのです!
入れ歯が落っこちて困るという方は唾液の減少が原因の場合もありますね。
また最近では癌の早期発見にも使えるかも?とのお話も出てますね!

唾液量が少なくなるといろいろな弊害が起こります。
お心当たりのある方は一度ご来院くださいね。    
 

2016-08-28 02:50:23

  • 件 (全件)
  • 1
Page Top
女性が働きやすい職場を目指して。笑顔で歯科衛生士として活躍してみませんか?
実績 地域の方に愛され約40年 最新の治療設備と日々の研鑽をもとに理想的治療の提供に努めています。